繊細ハートなものづくりさんとお教室の先生・スピリチュアルセッションをしている方のためのフロント商品つくり

ただいま一般セッションは満席で募集をストップしています。

​ご関心くださる方は個別にお問い合わせください。

こんにちは。​伝説のコンサルタント・椎原嵩さんのコンサルゼロ期生の杉本みのりです。

ものづくりさんやお教室の先生、そしてスピリチュアルセッションや講座をされてる方のフロント商品を作るページをご覧くださりありがとうございます。

もう何年も前のことです。

私は自分のメイン講座に来ていただくための、いわゆるフロント講座としての体験講座を開催したことがありました。

その頃の私は「フロントエンド」はメインの本講座の一部をご披露すればいいのだろうと思っていたんです。

そしてそのような講座をしていました。

その結果は・・どうなったと思いますか?

その結果は・・「もう満足したのでこれでいいです^^」と受講された方はおっしゃり、本講座へいらっしゃることはありませんでした。

今、当時の私が

 

「フロントエンド(講座)」ってなんのために開催するのか?

という基本中の基本を知っていたら・・

まるっきり違う体験講座を作っただろうし、その後に続く講座とも違う連携を作っただろうと思います。

それくらい、あなたの本商品となる講座やセッション(エンド)と、フロントは、目的も作り方も、そして伝え方も違うことを、しぃくんに教えてもらうまで全く知らなかった私でした。

(ちなみに・・私は常にコンサルタントさんに付いています。。それでもフロントの”正しい知識”は誰からもアドバイスはありませんでした^_^;)

だから、これからフロント商品を持ちたい方がいらっしゃいましたら、「フロント商品の目的」を見失うことなく、本商品(あなたの収入の要になる商品)につながる作り方を、ぜひぜひおすすめいたします。

特に!ものづくりやアート系の習い事・お教室ごと・ものづくりの講座の作り方は、例えばコンサルタント(コーチング)セッションをする方たちやマニュアル講座の伝承(●●協会とかそういうタイプ)とは《分野》が違います。

そう、(私もそうですが)これからのオンライン社会に「生き残れるだろう3つの分野」から、私たちのものづくり分野は、、実は、外れるているんです。。。

だけど心配は要りません。

「オンラインで仕事として生き残れそうな3つの分野」に並べる、第4の分野として設計をしてみましょう^^

 

そのために、あなたのマインドセットが必要になるかもしれません。​

​そして(私の様に絵の分野の場合は)時には正しい法的知識も必要になったりするかも知れません。(私は長く顧問弁護士を付けていました。私たちの世界には著作権や所有権や特許権や商標権・・・と、時に、いろんな問題がありますでしょ?^^)

だから他分野の講座とは少しだけ性質が違っていたりする部分があるんです。

そんな諸々も、実際に行ってきた私だから「見えていること」「知っていること」をふまえ、あなたの「フロント商品=メイン商品に来ていただくための設計」を、一緒に行って参りましょう。

さて、そんなオンライン化の時に、

「はて・・これは困った。。オンラインコンテンツと対面の講座では何が違うんだろう?

 大切にしてきた部分をどう伝えたら良いのかしらね?。

 そもそも良質なオンラインコンテンツってどういうものだろう?

​ 対面講座をそのままオンラインにすればいいのかしら??」

そんなことからして、私は判りませんでした。

そして、通常の講座をオンラインにすることを考え、

体験レッスンでは通常講座の一部を抜粋して体験して頂く事を考えていました。

ところが・・

​全然違ったんです。伝説のカリスマコンサルタントしぃくんの考えでは・・!(@@)

​もうね、十把一

  • White Instagram Icon

blog

e-mail 

© Copyright 2009~ RainbowFlow
minori.sugimoto